ご挨拶


1956年(昭和31年)多木八之助氏が創業以来弊社は熱成形に関する加工技術の開発とともに、その技術の具体化を実現すべく、成形加工部門と成形機の製造部門を併せもつ独創性の高い企業として高い評価をいただいております。


熱成形加工メーカー、成形材料供給メーカー各位との協力のもとに熱成形品が活用される市場の開拓、確立に努力を重ねてまいりましたがさらなる発展を目指して、環境を考慮した加飾技術の市場を開拓すべく、次世代成形(NGF成形)技術の開発が確立されました。塗装・鍍金代替加工法として、叉製品基材の機能性向上の表面処理法とし産業界全体からその将来性に注目されております。


「何事にも最善を尽す、以て悔いなし」の社是のもと結果のみを評価するのではなく、その経過も見極め将来への飛躍、発展を目指すべき姿勢を持ち続ける社員の育成にも配慮を惜しまない方針です。

代表取締役社長 三浦高行